検索
  • Charles Baudelaire

午前1時

最終更新: 3日前


やっと、独りきりになれる!今、外で聞こえる音は、この時間まで仕事をしている疲れ切った数台の辻馬車の音だけだ。これから数時間の間は孤独を、さもなければ休息の時間を持つことができる!ようやく、人の顔という暴君が消える。今、私を苦しめるのは私だけだ。ようやく、闇の中に浸りきることができる!まずは鍵を二重に掛けて、こうすれば、外界とのバリケードが強化され、よりいっそう、孤独になることができるような気がする。なんという人生!なんという街!今日一日のまとめをしよう:数人の文人との出会い。そのうちの一人は、陸路でロシアに行くことができるかと聞いたが(彼は、多分、ロシアを島と勘違いしているのだろう);ある雑誌社の社長と世間話をした。その彼は、私が反論するたびに、:「私のところには正直な人間しかいないよ」と言っていた。ということは、他はすべて嘘つきが新聞を作っているとでも言うのだろうか;二十人ぐらいの人にあったが、そのうちの十五人は初対面だった;そして、同じぐらいの人と握手を交わした(手袋もせず);にわか雨の間、イカサマのビーナスの装いを考えてみてくれと頼む尻軽女のところで雨宿りした。その彼女は、「たぶん、某氏が良いと思うわ。彼が、私が知っている作家のうち、もっとも力があり、いちばんバカで、もっとも名前が通っているから、彼に頼めばなんとかなると思うわ。まず、あなたが彼に会って、そのあとで、私を彼に紹介してくれない」と言いつつ、劇場のマネージャーに取り入ってくれないかと懇願していた。やってもいない意地悪な行為をしたと自慢し(なぜ?)、空いばり、神の軽視、友人からのどうということもない依頼を断り、ろくでなしに紹介状を書いたこと等など、それらの数限りない過ちは意気地もなく否定し、すべてに満足せず、自分自身に満足せず、それらの罪を夜の沈黙と孤独の中で贖罪をして、私の傷ついた虚栄心を少しは満足させたいものだ。私が愛する魂よ、私が讃える魂よ。どうか私を支え、強くし、世間の嘘や腐敗した空気から私を遠ざけてくれ。そして、神よ!どうか、私は最低の男ではなく、私が軽蔑する奴らよりはマシだと思うことができるように、私に数篇の美しい詩を書く力を授けておくれ!

A UNE HEURE DU MATIN

Enfin ! seul ! On n'entend plus que le roulement de quelques fiacres attardés et éreintés. Pendant quelques heures, nous posséderons le silence, sinon le repos. Enfin ! la tyrannie de la face humaine a disparu, et je ne souffrirai plus que par moi-même. Enfin ! il m'est donc permis de me délasser dans un bain de ténèbres ! D'abord, un double tour à la serrure. Il me semble que ce tour de clef augmentera ma solitude et fortifiera les barricades qui me séparent actuellement du monde. Horrible vie ! Horrible ville ! Récapitulons la journée : avoir vu plusieurs hommes de lettres, dont l'un m'a demandé si l'on pouvait aller en Russie par voie de terre (il prenait sans doute la Russie pour une île); avoir disputé généreusement contre le directeur d'une revue, qui à chaque objection répondait : << - C'est ici le parti des honnêtes gens,>> ce qui implique que tous les autres journaux sont rédigés par des coquins; avoir salué une vingtaine de personnes, dont quinze me sont inconnues; avoir distribué des poignées de main dans la même proportion, et cela sans avoir pris la précaution d'acheter des gants; être monté pour tuer le temps, pendant une averse, chez une sauteuse qui m'a prié de lui dessiner un costume de Vénustre; avoir fait ma cour à un directeur de théâtre, qui m'a dit en me congédiant : <<-Vous feriez peut-être bien de vous adresser à Z ... ; c'est le plus lourd, le plus sot et le plus célèbre de tous mes auteurs, avec lui vous pourriez peut-être aboutir à quelque chose. Voyez-le, et puis nous verrons ; >> m'être vanté (pourquoi?) de plusieurs vilaines actions que je n'ai jamais commises, et avoir lâchement nié quelques autres méfaits que j'ai accomplis avec joie, délit de fanfaronnade, crime de respect humain; avoir refusé à un ami un service facile, et donné une recommandation écrite à un parfait drôle; ouf est-ce bien fini? Mécontent de tous et mécontent de moi, je voudrais bien me racheter et m'enorgueillir un peu dans le silence et la solitude de la nuit. Ames de ceux que j'ai aimés, âmes de ceux que j'ai chantés, fortifiez-moi, soutenez-moi, éloignez de moi le mensonge et les vapeurs corruptrices du monde, et vous, Seigneur mon Dieu ! accordez-moi la grâce de produire quelques beaux vers qui me prouvent à moi-même que je ne suis pas le dernier des hommes, que je ne suis pas inférieur à ceux que je méprise !

#シャルルボードレール

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

スワン家の方へ 第1章 コンブレイ - 2

ふくよかでひんやりとした子供の頬のような枕に頬をあてる。マッチを擦って蝋燭に火をつけ、時間を見た。12時少し前だった。真夜中。病身を押して、旅に出た彼は、旅の途上、見知らぬ町のホテルに泊まることを余儀なくされる。夜中、持病の発作で目が覚め、痛みのせいで眠ることができず、しかし、助けを呼ぶわけにもいかず、朝が早く来ないかと苦しみの中でひとり朝を待っている。そんな時、扉の下から明かりが見える。もう朝だ

失われた時を求めて 第1巻 スワン家の方へ 第1章 コンブレイ - 1

長い間、夜の早いうちに寝ることが私の習慣になっていた。蝋燭の灯が消えると同時に知らぬ間に眠っていた。その30分後にもう眠らなければという意識で再び目が覚めるのだが。手に持っていると思っていた本を置いて、蝋燭の火を吹き消そうと思った。私の意識は読んでいた本に書かれてあったことを考え続けていた。ただ、その意識は普通の意識とは異なり、「私自身が本の内容そのものになった」、そんな感じだった:教会、四重奏、

コレスポンダンス

自然は生きた柱の寺院、 ときおり、その柱から意味不明な言葉が発せられる。 男がその記号の森を通る時、 その森は懐かしそうに彼を眺める。 遠くから長いエコーのように響く言葉が、 薄暗く、奥深い、夜や光のような広がりを持つハーモニーの中で混ざり合う。 そして、香り、色、音が答える。 子供の肌のような新鮮な香り、 オーボエのように柔らかく、そして広原のような緑色のエコー。 -かたや、腐敗し、豪奢で、勝ち

© 2016 OKADA Noboru. Proudly created with Wix.com