• Marcel Proust

スワン家の方へ 第1章コンブレイ 10

最終更新: 2019年11月23日


ようやく目が覚めた。最後の寝返りを打つと、そこには明確な意識という天使がいて、私の周囲の動きを止め、私を部屋の掛布団の中に戻し、暗闇の中にある家具や机や暖炉や通りに面した窓や2つの扉をおおよその元の位置に戻す。

Certes, j'étais bien éveillé maintenant : mon corps avait viré une dernière fois et le bon ange de la certitude avait tout arrêté autour de moi, m'avait couché sous mes couvertures, dans ma chambre, et avait mis approximativement à leur place dans l'obscurité ma commode, mon bureau, ma cheminée, la fenêtre sur la rue et les deux portes.

#マルセルプルースト

最新記事

すべて表示

スワン家の方へ 第1章コンブレイ 36

その夜、母はわたしの部屋で寝た。寄宿舎に送られる羽目になると思っていた過ちを犯した時に、これまで一度として認められなかった褒美を与えられた。これは、わたしに対する優しさから来たものであったが、父の対応は恣意的で過分なものであり、あらかじめ計画したものではなく、その場の成り行きから生じたものだと思う。食堂で、わたしに寝るように命令した父が、母や祖母に比べて、特に厳しかったわけではない。父の性格は、母

スワン家の方へ 第1章コンブレイ 35

父にはなんといって感謝すればよいのかわからない。感傷的な態度を忌み嫌う父を苛立たせたわたしはその場に立ちすくんでいた。父は、その大きな体を白い寝間着で包み、神経痛になって以来、愛用している紫とピンクのカシミヤの布を頭に巻き、スワン氏が呉れたベノゾ・ゴゾリの彫り物の中に描かれた、サラとイサクに旅立つように告げるアブラハムのように私たちの前に立っていた。もう遠い昔の思い出だ。蝋燭の炎が投影されていた階

スワン家の方へ 第1章コンブレイ 34

しかし、父の反応はそれとはまったく異なっていた。父は、母や祖母が優しく与えてくれる許可を常に拒否した。なぜなら、父にとって、「習慣的決まり」のようなものはなく、「人の既得権」というものもなかった。わたしにとっては、非常に重要で、習慣にもなっていた散歩を、成り行きで、それともまったく理由なく、直前になって取り止め、約束違反だと思わせられることがよくあったし、例えば、あの夜のように、いつもの時間よりも

© 2016 OKADA Noboru. Proudly created with Wix.com