検索
  • Marcel Proust

失われた時を求めて 第1巻 スワン家の方へ 第1章 コンブレイ - 1

最終更新: 9月28日

長い間、夜の早いうちに寝ることが私の習慣になっていた。蝋燭の灯が消えると同時に知らぬ間に眠っていた。その30分後にもう眠らなければという意識で再び目が覚めるのだが。手に持っていると思っていた本を置いて、蝋燭の火を吹き消そうと思った。私の意識は読んでいた本に書かれてあったことを考え続けていた。ただ、その意識は普通の意識とは異なり、「私自身が本の内容そのものになった」、そんな感じだった:教会、四重奏、フランソワ1世とシャルル・カンの対立。その思い込みは目覚めた後もしばらくの間続いた。私の意識はそれに驚くこともなく、それはあたかも眼に張り付いた鱗のようで、「蝋燭の灯は消えている」ということに、私の意識はなかなか気づかなかった。そのうち、その思い込みは私の前世の思いのように徐々に私の意識から離れていった。その本の内容も私の心から消えていった。それらから私の意識が解放されると同時に、私ははっきりと目覚め、まわりが真っ暗闇であることに気がつき驚く。その闇は、私の目には穏やかで安らぐものであったが、私の心には何かそれ以上のものであり、不可解で得体の知れない真の闇というようなものだった。「今、何時頃だろう」と思った。遠くで汽笛の音が森の鳥の鳴き声の様に聞こえる。人里離れた田舎の空間の広がりが感じられる。その列車は乗客たちを乗せて、次の駅に向かっている。その列車の中で乗客はそれぞれの物思いに耽る:未知の場所を訪れる興奮;そこで始まる新たな生活への思い;出発前の会話;駅の灯りの下で交わした別れの言葉など。夜の静寂の中、それらの思いが乗客を追いかけて来る。そして遠い将来の帰郷に思いを馳せる。

Longtemps, je me suis couché de bonne heure. Parfois, à peine ma bougie éteinte, mes yeux se fermaient si vite que je n'avais pas le temps de me dire : « Je m'endors. » Et, une demi-heure après, la pensée qu'il était temps de chercher le sommeil m'éveillait ; je voulais poser le volume que je croyais avoir dans les mains et souffler ma lumière ; je n'avais pas cessé en dormant de faire des réflexions sur ce que je venais de lire, mais ces réflexions avaient pris un tour un peu particulier ; il me semblait que j'étais moi-même ce dont parlait l'ouvrage : une église, un quatuor, la rivalité de François Ier et de Charles-Quint. Cette croyance survivait pendant quelques secondes à mon réveil ; elle ne choquait pas ma raison, mais pesait comme des écailles sur mes yeux et les empêchait de se rendre compte que le bougeoir n'était plus allumé. Puis elle commençait à me devenir inintelligible, comme après la métempsycose les pensées d'une existence antérieure ; le sujet du livre se détachait de moi, j'étais libre de m'y appliquer ou non ; aussitôt je recouvrais la vue et j'étais bien étonné de trouver autour de moi une obscurité, douce et reposante pour mes yeux, mais peut-être plus encore pour mon esprit, à qui elle apparaissait comme une chose sans cause, incompréhensible, comme une chose vraiment obscure. Je me demandais quelle heure il pouvait être ; j'entendais le sifflement des trains qui, plus ou moins éloigné, comme le chant d'un oiseau dans une forêt, relevant les distances, me décrivait l'étendue de la campagne déserte où le voyageur se hâte vers la station prochaine ; et le petit chemin qu'il suit va être gravé dans son souvenir par l'excitation qu'il doit à des lieux nouveaux, à des actes inaccoutumés, à la causerie récente et aux adieux sous la lampe étrangère qui le suivent encore dans le silence de la nuit, à la douceur prochaine du retour.

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

スワン家の方へ 第1章 コンブレイ – 15

ただ、食事が終わると二階に上がることを義務付けられていたため、私は母のそばにいつまでもいることはできなかった。私を除く家族のみんなは、晴れていれば庭で、天気の悪い日には小さな居間で食事後のひと時を過ごした。全員とはいっても、祖母を除いてだが…祖母は、私の育て方に関して、いつも父と口論し、父に「田舎の家に閉じ込めておくのは可哀想よ」と言っていた。雨が降りだすと、父は、外で遊んでいた私に「部屋で読書を

スワン家の方へ 第1章 コンブレイ – 14

その投影が遠い過去から送ってくるメロビング朝の時代の光に、私が全く魅了されなかったわけではない。ただ、それ以上に自らの自我で埋め尽くし、自分の自我ほど気にならなくなった部屋に突然侵入してきた美しい謎めいた侵入者に対して感じる居心地の悪さの方がより強かった。その光のせいで習慣という麻酔作用は失われ、悲しいことを考え始める。私がいつも回しているこの部屋のノブはこの世に存在する他のすべてのノブとは異なり

スワン家の方へ 第1章 コンブレイ – 13

歪に描かれたゴロが乗った馬はギクシャクした足取りで丘の斜面を覆うビロードのような深緑の三角形の小さな森から出て、哀れなジュネビエーブ・ド・ブラバンのいる城に向かって進んでいく。ランタンの骨組みに嵌めこまれた楕円形のガラスの曲線が壁となっている城の隣には領地が広がり、そこに青いベルトを着けたジュネビエーブが眠っている。城と領地は黄色に描かれていたが、ブラバンという名前が持つ黄金色の響きから、そこが黄

© 2016 OKADA Noboru. Proudly created with Wix.com