検索
  • Marcel Proust

スワン家の方へ 第1章 コンブレイ - 7

たぶん、私たちの周囲にある事物が必ずそこにあるのは、そこにあるのはそれであり、他のものではないという私たちの思い込み、それらの事物を前にして私たちが抱きつづける思いがあるからであろう。いつものように目覚める時、事物、国、時代といったすべてが暗闇の中で私の周囲を回りつづけ、私の魂は自分がどこに居たのかなかなか思い出すことができず、動揺し、場所の記憶を探し続ける。私の痺れた身体は動かず、その疲れの状態から、四肢の位置を感じとり、壁の方向や家具の場所を推量し、身体のあった場所を頭の中に再現し、判断する。その記憶、脇腹や膝や肩の記憶が、過去に眠った場所の思い出を次々と身体に呈示し、それと同時に、私の意識の中の壁は部屋の形に従って位置を変え、暗闇の中で回り続ける。私の意識は時間と空間の境目で戸惑いながらも、その状況を判断しつつ、そして、その場所を思い出す。それよりも前に、私の身体は、意識が少しずつ蘇る中で、眠りに落ちた時に私の意識の中にあったベッドの形とか扉の方向とか窓の明りとりや廊下の位置の記憶をひとつずつ思い出す。自らの体の重みで感覚が麻痺してしまった腕と脇腹が、その向きを知ろうとしつつ思いを巡らし、例えば、天蓋つきの大きなベッドの上で壁の方を向いて横になっているということを理解すると同時に、「ああ、お母さんはおやすみを言いに来てくれなかったけれど、結局眠ってしまった」と独り言を言う。――私は、ずいぶん以前に亡くなった祖父の田舎の家に来ている。私の魂がひと時たりとも忘れることのないであろう私の過去の忠実な番人である、私が眠る時いつも下側にする身体の側面が、遠い過去の日々にコンブレイの祖父母の家の寝室で見た天井から鎖で吊るされた水瓶のような形をしたボヘミアングラスのランプの炎やシエンヌの大理石のマントルピースを、それらを今のことと漠然と思っている朦朧とした私の意識に思い出させる。そして、やがて完全に目が覚め、私の意識は自分がいる場所をはっきりと理解する。

Peut-être l'immobilité des choses autour de nous leur est-elle imposés par notre certitude que ce sont elles et non pas d'autres, par l'immobilité de notre pensée en face d'elles. Toujours est-il que, quand je me réveillais ainsi, mon esprit s'agitant pour chercher, sans y réussir, à savoir où j'étais, tout tournait autour de moi dans l'obscurité, les choses, les pays, les années. Mon corps, trop engourdi pour remuer, cherchait, d'après la forme de sa fatigue, à repérer la position de ses membres pour en induire la direction du mur, la place des meubles, pour reconstruire et pour nommer la demeure où il se trouvait. Sa mémoire, la mémoire de ses côtes, de ses genoux, de ses épaules, lui présentait successivement plusieurs des chambres où il avait dormi, tandis qu'autour de lui les murs invisibles, changeant de place selon la forme de la pièce imaginée, tourbillonnaient dans les ténèbres. Et avant même que ma pensée, qui hésitait au seuil des temps et des formes, eût identifié le logis en rapprochant les circonstances, lui - mon corps - se rappelait pour chacun le genre du lit, la place des portes, la prise de jour des fenêtres, l'existence d'un couloir, avec la pensée que j'avais en m'y endormant et que je retrouvais au réveil. Mon côté ankylosé, cherchant à deviner son orientation, s'imaginait, par exemple, allongé face au mur dans un grand lit à baldaquin, et aussitôt je me disais : "Tiens, j'ai fini par m'endormir quoique maman ne soit pas venue me dire bonsoir", j'étais à la campagne chez mon grand-père, mort depuis bien des années : et mon corps, le côté sur lequel je me reposais, gardiens fidèles d'un passé que mon esprit n'aurait jamais dû oublier, me rappelaient la flamme de la veilleuse de verre de Bohême, en forme d'urne, suspendue au plafond par des chaînettes, la cheminée en marbre de Sienne, dans ma chambre à coucher de Combray, chez mes grands-parents, en des jours lointains qu'en ce moment je me figurais actuelles sans me les représenter exactement, et que je reverrais mieux tout à l'heure quand je serais tout à fait éveillé.

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

スワン家の方へ 第1章 コンブレイ – 15

ただ、食事が終わると二階に上がることを義務付けられていたため、私は母のそばにいつまでもいることはできなかった。私を除く家族のみんなは、晴れていれば庭で、天気の悪い日には小さな居間で食事後のひと時を過ごした。全員とはいっても、祖母を除いてだが…祖母は、私の育て方に関して、いつも父と口論し、父に「田舎の家に閉じ込めておくのは可哀想よ」と言っていた。雨が降りだすと、父は、外で遊んでいた私に「部屋で読書を

スワン家の方へ 第1章 コンブレイ – 14

その投影が遠い過去から送ってくるメロビング朝の時代の光に、私が全く魅了されなかったわけではない。ただ、それ以上に自らの自我で埋め尽くし、自分の自我ほど気にならなくなった部屋に突然侵入してきた美しい謎めいた侵入者に対して感じる居心地の悪さの方がより強かった。その光のせいで習慣という麻酔作用は失われ、悲しいことを考え始める。私がいつも回しているこの部屋のノブはこの世に存在する他のすべてのノブとは異なり

スワン家の方へ 第1章 コンブレイ – 13

歪に描かれたゴロが乗った馬はギクシャクした足取りで丘の斜面を覆うビロードのような深緑の三角形の小さな森から出て、哀れなジュネビエーブ・ド・ブラバンのいる城に向かって進んでいく。ランタンの骨組みに嵌めこまれた楕円形のガラスの曲線が壁となっている城の隣には領地が広がり、そこに青いベルトを着けたジュネビエーブが眠っている。城と領地は黄色に描かれていたが、ブラバンという名前が持つ黄金色の響きから、そこが黄

© 2016 OKADA Noboru. Proudly created with Wix.com