検索
  • Marcel Proust

スワン家の方へ 第1章 コンブレイ - 4

また、ある時は、私の太ももが女性の足に触れているような錯覚を覚えることがあった。アダムの肋骨からイブが生まれたように、その錯覚から女性が生まれ、その感覚はその女性の太もものだと思った。私は彼女の体の温もりを感じていた。そして、私が彼女と一体になろうとした時、目が覚めた。一瞬前、別れたその女性といた時は、他の人たちは遠い存在になった。私の頬には彼女の口づけの感触が残っており、私の身体はまだ彼女の身体の重みを感じていた。その女性は過去に知っていた女性のようでもあり、夢に見た魅惑的な都市を見つけるために旅立つ考古学者のように、彼女との再会のためにすべてを捧げようと思った。やがて、その感覚は薄れ、その女性の夢も忘れた。

Quelquefois, comme Ève naquit d'une côte d'Adam, une femme naissait pendant mon sommeil d'une fausse position de ma cuisse. Formée du plaisir que j'étais sur le point de goûter, je m'imaginais que c'était elle qui me l'offrait. Mon corps qui sentait dans le sien ma propre chaleur voulait s'y rejoindre, je m'éveillais. Le reste des humains m'apparaissait comme bien lointain auprès de cette femme que j'avais quittée, il y avait quelques moments à peine ; ma joue était chaude encore de son baiser, mon corps courbaturé par le poids de sa taille. Si, comme il arrivait quelquefois, elle avait les traits d'une femme que j'avais connue dans la vie, j'allais me donner tout entier à ce but : la retrouver, comme ceux qui partent en voyage pour voir de leurs yeux une cité désirée et s'imaginent qu'on peut goûter dans une réalité le charme du songe. Peu à peu son souvenir s’évanouissait, j'avais oublié la fille de mon rêve.

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

スワン家の方へ 第1章 コンブレイ – 15

ただ、食事が終わると二階に上がることを義務付けられていたため、私は母のそばにいつまでもいることはできなかった。私を除く家族のみんなは、晴れていれば庭で、天気の悪い日には小さな居間で食事後のひと時を過ごした。全員とはいっても、祖母を除いてだが…祖母は、私の育て方に関して、いつも父と口論し、父に「田舎の家に閉じ込めておくのは可哀想よ」と言っていた。雨が降りだすと、父は、外で遊んでいた私に「部屋で読書を

スワン家の方へ 第1章 コンブレイ – 14

その投影が遠い過去から送ってくるメロビング朝の時代の光に、私が全く魅了されなかったわけではない。ただ、それ以上に自らの自我で埋め尽くし、自分の自我ほど気にならなくなった部屋に突然侵入してきた美しい謎めいた侵入者に対して感じる居心地の悪さの方がより強かった。その光のせいで習慣という麻酔作用は失われ、悲しいことを考え始める。私がいつも回しているこの部屋のノブはこの世に存在する他のすべてのノブとは異なり

スワン家の方へ 第1章 コンブレイ – 13

歪に描かれたゴロが乗った馬はギクシャクした足取りで丘の斜面を覆うビロードのような深緑の三角形の小さな森から出て、哀れなジュネビエーブ・ド・ブラバンのいる城に向かって進んでいく。ランタンの骨組みに嵌めこまれた楕円形のガラスの曲線が壁となっている城の隣には領地が広がり、そこに青いベルトを着けたジュネビエーブが眠っている。城と領地は黄色に描かれていたが、ブラバンという名前が持つ黄金色の響きから、そこが黄

© 2016 OKADA Noboru. Proudly created with Wix.com