© 2016 OKADA Noboru. Proudly created with Wix.com

Please reload

Vos commentaires

November 1, 2019

もしスワン氏がこの手紙を読んだなら、彼はわたしの真の意図を見抜き、わたしのこの悲しみを笑ったに違いないと思っていた。ところが、これはあとで知ったことだが、彼にも同じような悲しい経験があった。彼こそ、わたしの最もよき理解者に違いなかった。彼のいない、彼が会いに行くことができない場所で彼の愛する女性が 他の男性と快楽に耽っていると想像する苦しみ、恋愛によりその苦しみを知った。その恋愛とは、苦しみだけを探し続け、苦しみの中で生きることを運命づけられたものだった。ただ、わたしのように、恋愛を知る前にこの不安を知った者にとっては、人生で恋愛を...

November 1, 2019

わたしは母から目を離すことができなかった。食事の時間が始まると、食事の途中でも寝室に上がるように言われ、また、母はみんなの居る前では寝室での時のように何度も口づけをすることを許してくれないということが、わたしには分かっていた。いつものことながら、わたしは、食事が始まり、寝室に上がる時間が刻々と近づく時、あたかも画家が、モデルのポーズの限られた時間内に、パレットを用意し、モデルなしでも描き続けることができるように、予めスケッチをとって記憶するように、母の頬を見ながら 、あっという間に過ぎ去ってしまう一度の口づけでできるすべてのことを考...

October 15, 2019

そんな中、家族の中で唯一わたしにとってはスワン氏の訪問が悩みの種となった。夕食時に訪問客があると、たとえ、それがスワン氏ひとりであっても、母はおやすみの口づけのために、わたしの部屋に来てくれなかった。わたしは、みんなよりも前にひとりで食事をし、就寝時間の8時まではみんなと共にテーブルにつくことが許されていた。いつもだと、就寝前、床に就いたわたしに母がしてくれるかけがえのない口づけを、その時は、その繊細な感触が壊れてしまわないように、その儚い効能が空気中に溶けだしてしまわないようにそっと食堂から寝室まで運び、寝間着に着替える時も注意す...

June 7, 2018

彼女たちは、スワン氏が我が家に食事に来ることになっている日の前日にアスティのワインを一ケース、特に彼女たちのために送ってよこしたが、その時、フィガロ紙を読んでいた叔母のひとりがコロー展の記事に関する絵の横に、「シャルル・スワン氏のコレクションから」という説明を見つけ、「ほら見て、スワン氏の名前がフィガロ氏の記事に載っているわ」と私達に言った。「だから、わたしがいつも言ってるでしょ。彼は趣味が良いって」と祖母がそれに答えると、大叔母は、「あなた、私達が言っていることと違うことを見つけた時はいつも嬉しそうね?」と言った。彼女は、祖母がい...

June 7, 2018

ところで、このスワン氏に関する話は、大叔母のスワン氏に対する評価を上げるどころか、その反対にビルパリシス夫人のイメージダウンという結果となった。夫人に対して全幅の信頼を寄せる祖母の話から、ビルパリシス夫人は無為な生活を送る貴族だというイメージが私達の中に生まれた。そのことが、逆に彼女の威厳を貶めることになった。彼女は、スワン氏という人間と知り合い、身内にスワン氏を紹介した。彼女は私達の中に生まれた貴族のイメージと反することをした。「ええ!彼女はスワン氏を知っているの!マクマホン元帥の身内だって言っている人が!」家のものは、スワン氏の...

March 18, 2018

そんな折、祖母がサクレカールで知り合った女性、その女性とはかの有名なブイヨン家のビルパリシス侯爵夫人だが、祖母が頼み事をするために、彼女を訪れた時(お互いに好感を抱いていたにも拘らず、カーストという考え方のせいで、祖母はその女性と付き合わなかったが)、彼女は祖母に「あなたはスワン氏をよくご存知だそうね。彼は私の甥の大の仲良しよ」と言った。祖母は、ビルパリシス侯爵夫人から借りればと薦められた庭に面したアパートと、その時に会ったチョッキ仕立て職人とその子供に感激して帰宅した。階段で破れてしまったスカートを繕ってもらうため、祖母は彼らの店...

March 18, 2018

家で晩餐会を開き、初めての招待客を呼ぶ時に、私たちはスワン氏をそれらの人たちと不釣り合いと判断し、彼を招待していないにも拘らず、招待客に振る舞うグリビッシュソースやパイナップルサラダのレシピーが必要になった時には、躊躇することなく家のものを彼のもとによこしたりした。フランス王家の王子のことに話が及んだ時は、「私達には全く縁のない人たちだから、かれらのことを話すのはよしましょうよ」と大叔母は、ポケットにツイッケンハムの手紙を持っているかもしれないスワン氏に言った。そして、彼にピアノを押させ、祖母の妹が歌を歌っている時にページをめくらせ...

March 14, 2018

また、大叔母はぞんざいに彼を利用していた。彼女はスワン氏が我が家へ招待されることを誇りに思い、彼が夏に我が家に来る時には庭で採れた桃やキイチゴの籠を、またイタリア旅行の帰りには名作の写真を必ず持ってくるだろうと思っていた。

Aussi, ma grand’tante en usait-elle cavalièrement avec lui. Comme elle croyait qu’il devait être flatté par nos invitations, elle trouvait tout naturel qu’il...

March 14, 2018

ある日、彼が礼装であることを詫つつパリの我が家を夕食後に訪れた時、フランソワーズは叔母に、彼が御者に「ある王女のところで」食事をしたと話しているのを聞いたと言ったが、叔母は編み物から目を上げもせず、肩をすくめて静かに皮肉な様子で、「どうせ社交界の自称王女様でしょうよ」と言った。

Un jour qu’il était venu nous voir à Paris, après dîner, en s’excusant d’être en habit, Françoise ayant, après son départ, dit ten...

March 14, 2018

祖母は人づてに、スワン氏はスワン家の子息としてパリで最も尊敬されるすべての「上層ブルジョア階級」、公証人や代訴士から招待を受ける十分な「資格」(スワン氏自身はこの特権をあまり利用しなくなっていた)があると聞いていたが、彼にはそれとは全く異なる誰も知らない生活があった。そろそろ帰って寝ると言いつつパリの我が家を引き上げた後、通りを曲がるや否や来た道を引き返し、どの仲買人もそのパートナーも知らないとあるサロンに通っていた。文学の素養を持つ私の叔母が後にその事実を知った時、それは彼女にとって、まるで彼が彼女と話した後、死後の世界に閉じ込め...

Please reload

    January 26, 2018

    January 22, 2018

    Please reload

    Mes derniers essais
    Recherche par onglets

    Bloc-Notes

    Tous vos remarques et suggestions sont les bienvenus: